メニュー

季節の変わり目 - 税理士法人水垣会計パートナーズ|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

季節の変わり目

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年09月10日(金)

 

 朝・夕の空気がヒンヤリと感じる日も多くなり、秋が近づいて来ていることを実感します。今のところ、まだ半袖のYシャツで頑張っていますが、すでに長袖やスーツ姿の人も見かけます。

 東京五輪が終わり、東京パラリンピックが終わりましたが、新型コロナウイルス緊急事態宣言だけが終わりません。今回も延長になり、いつまで経っても終わりの見えない延長の繰り返しに、さすがにウンザリです。

 そんなコロナとの闘いに疲れたのか、低迷する支持率に匙を投げたのか、菅総理の突然の退任表明でした。後継者争いが始まりましたが、政治の動向も不透明です。誰が次の総理になっても、国の舵取りは困難であり、悲しいかなこの閉塞状態から脱出できる保証はありません。

 退任する菅総理の置き土産のようなデジタル庁が、9月からスタートしました。注目され、期待されるデジタル庁ですが、縦割り主義・前例主義の行政の厚く固い壁をブレイク・スルー出来るのか、これからが本番です。

 新型コロナウイルスはこれまでの仕事のあり方の根本的な見直しを迫る契機になりました。緊急避難的なその場しのぎの対応では済まなくなってきています。コロナは現代に到来した黒船のような衝撃で、変化を迫っています。

 私たちの税務の世界でもデジタル化が一層加速することになるでしょう。大企業は電子申告が義務化されましたが、義務化されていない中小企業の電子申告の割合は9割弱です。しかし、高い利用割合の電子申告に反して、利用されていないのが電子納税です。

 電子納税には、ネットバンキング方式とダイレクト方式とがありますが、納税は従来通り納付書方式という会社が圧倒的です。事務所でも、手書で納付書を作成し、会社にお渡しすることが多いのが実情です。月末で混雑する金融機関へ足を運ぶ手間や時間を考えると、納税も電子納税に変わっていくことでしょう。

 令和3年7月からは、ネットで電子納税証明書を取得することが出来るようになりました。納税証明書取得のために、いちいち税務署へ行く必要がなくなっています。

 令和5年10月からの消費税改正でインボイス制度が導入されますが、一足早く、令和3年10月からインボイス(適格請求書)発行のための登録申請書の受付が始まります。現在、電子インボイスの規格統一が検討されていますが、この改正を機に、紙ベースの請求書から電子インボイス方式に変える動きも加速することでしょう。

 一般的に、過年度の税務関係の証憑書類等は事業年度毎にダンボール箱に詰め込んで保管しています。これも、電子帳簿方式を利用することによってダンボール箱の山は姿を消すことになるでしょう。

 まだ電子帳簿方式のハードルは高いのですが、将来的には電子帳簿方式が当たり前になることでしょう。

 目には見えずとも季節の変わり目があるように、今はデジタル化の季節の変わり目なのかもしれません。

Copyright © 税理士法人水垣会計パートナーズ All Rights Reserved.-ログイン-