メニュー

放物線 - 税理士法人水垣会計パートナーズ|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

放物線

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年03月10日(水)

 

 首都圏の1都3県では、新型コロナウイルス緊急事態宣言が再延長になりました。事務所は東京、自宅は千葉、テレワークも何のその通勤は電車、日々コロナ感染リスクにどっぷりと浸りながらの生活をしています。それでも幸いなことに、今のところ小生も事務所の皆も何事もなく無事です。緊急事態宣言によって、新規感染者数はきれいな放物線を描いてピークから減少してきていたように見えましたが、ここにきて下げ止まり傾向になっています。このまま中途半端に宣言解除するとリバウンドが心配なのは分かりますが、2週間の再延長で期待する効果が得られるとも思えない状況です。自粛の必要性は分かりますが、長引く自粛に歯止めがかからなくなりつつあり、結果的に宣言の効果が信じられなくなれば、コロナ対応はますます難しくなります。

 さて、今、会計事務所は1都3県の事務所に限らず、全国的に脇目もふらずに確定申告業務に集中している時です。緊急事態宣言を受けて、確定申告期限も3月15日から4月15日に1ヶ月延長されています。1都3県の税務署からは再延長するという声が聞こえて来ないので、とりあえずこのままなのでしょう。納税者の立場からは、申告期限の1ヶ月延長は時間のゆとりが出来るし、おまけに納税期限も1ヶ月延長されるので大歓迎でしょう。会計事務所も仕事に時間的余裕が出来て、さぞ喜んでいると思われるかもしれませんが、他の人はいざ知らず、素直に喜ぶ気にはなれません。

 仕事にもよりますが、一般的に仕事はダラダラやるより、短期集中でやる方がより効果的であり、より効率的だと考えています。仕事の集中力は、ピークに向かって高まりますが、一定の限界を超えれば放物線を描いて徐々に低下していかざるを得ません。確定申告期限の延長は、集中力の延長を強いられることにもなります。どの程度の期間であれば高い集中力をキープ出来るかは人それぞれですが、自粛期間の長期化のように集中力の長期化は必ずしも良い結果を生むとは限りません。

 などと愚痴ぽくなってしまいますが、もうすぐ桜の季節になります。昨年同様、今年の花見も自粛ムードになりそうですが、それでも満開の桜は確定申告に疲れ、コロナに疲れた心を癒してくれることでしょう。花見で飲み食いして騒ぐだけが桜の楽しみ方ではないので、これから迎える一年一度の貴重な機会を大切にしたいと思います。そして、4月15日を待たず、桜が満開になる頃までには仕事も一段落しているはずです。楽しみです。

 桜より一足早く、今、こぶしの花が咲いています。真白なこぶしの花は、春を告げる灯りのように凛と咲いていて、きれいです。

  

山なみ遠に 春はきて

こぶしの花は 天上に

                三好達治

Copyright © 税理士法人水垣会計パートナーズ All Rights Reserved.-ログイン-