メニュー

高尾山 - 水垣公認会計士・税理士事務所|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

水垣公認会計士事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

高尾山

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年01月22日(金)

 

 お正月は、まだ2度目の緊急事態宣言は発出されていませんでしたが、不要不急の外出自粛が呼びかけられていました。小生も呼びかけに答えて、仕方なく暮れから正月は、まるで自宅軟禁のようにおとなしく自宅でくすぶっていました。外出する予定はなく、さりとて誰かが訪ねて来る予定もなく、時間だけがたっぷりありました。

 そんな時に限って、自宅でくすぶっているにはもったいないような晴天が毎日続いていましたが、徒然なるままに司馬遼太郎の『空海の風景』を読んでいました。時は遣唐使の時代、千年の昔に思いを馳せていました。

 

「そうだ、高尾山へ行こう!」

 

 空海のいる高野山はさすがに遠すぎますが、高尾山なら近いし、高野山と高尾山では、たった一字違うだけです。不要不急の外出自粛の禁を破るのは心苦しくもありますが、自粛していたことだし、登山なので少々大目に見てもらいましょう。3密でもありません。

思い立ったら吉日、1月4日、急遽、高尾山へ行きました。これが一人暮らしの気楽なところです。早朝の中央線にゆられ、コンビニおにぎりとペットボトルの入ったリュックを持って、高尾山を目指しました。

 初詣の人が多そうな薬王院ルートは回避し、6号路を登ろうとすると閉鎖されていたので、別ルートで山頂へ。山頂には私同様に禁を破った人たちがたくさんいました。山頂からは雪を頂いた富士山が澄んだ冬空にくっきり映えて見えました。コロナ疲れを癒してくれます。少し休んだ後は、奥高尾縦走です。コースはワンパターンですが、一丁平・城山・小仏・景信山・明王峠。陣馬山には行きません。城山を過ぎたあたりから、とたんに行き交う人が少なくなりました。快晴続きだったので、登山道はぬかるみになることもなく歩き易く助かりました。

 景信山で昼食。山頂でコンビニおにぎりを食べていると、汗が引き、吹き渡る冷たい風に急激に体温が奪われます。すぐに指先が悴んできます。ゆっくり休みたいところですが、低体温症にでもなりそうなので、早々に歩き始めました。久しぶりの高尾山でしたが、何とか無事に相模湖駅まで下山できました。明王峠からの下山道では、途中たった一組に出会っただけで、あとはずっと一人時間でした。山を一人占めしているような気がしてきます。下り坂が続き、最後の方は足がガクガクしてきましたが、それもまた良し。若き日、飛ぶように深山幽谷を駆け巡って修行したであろう弘法大師空海のようにはいきません。登山とは言え、こんな時に不要不急の外出をして、自粛警察の皆さんから顰蹙を買いそうですが、私にとっては自宅軟禁から解放され、充実した貴重な一日になりました。ありがとう、高尾山。

 一日も早く、誰に遠慮することもなく、自由に登山したい時に登山できる日が来ることを願っています。

Copyright © 水垣公認会計士事務所 All Rights Reserved.-ログイン-