メニュー

会計事務所の今 - 水垣公認会計士・税理士事務所|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

水垣公認会計士事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

会計事務所の今

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2020年04月15日(水)

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。止まるどころか、世界中で感染者数は日々増加し続けています。これこそがパンデミックなのでしょうが、改めてその怖さを実感します。

 日本では東京の感染拡大が深刻ですが、ついに4月7日、安倍首相は緊急事態宣言を発令しました。手遅れになる前の止むを得ない措置だと思いますが、緊急事態宣言発令以降、社会の混乱に拍車がかかっています。個人の日常生活にも、企業の企業活動にも、様々な影響が現れています。

移動制限や広範囲の営業自粛等々、誰もがかつて経験したことのないことばかりであり、個人も企業も大きな混乱と大きな不安を抱えたままの手探り状態が続いています。まさか、こんな事になるとは思いもしませんでしたが、弊事務所でもこんな事になって移動制限やら人との接触を8割減らせと急に言われても、戸惑うことばかりです。

 もともとがIT化先進事務所でもなく、昔ながらの会計事務所なので、何かと苦しい対応を迫られています。特に、これまではお客様とのコミュニケーションを重視する立場から、担当者がお客様のところへ訪問して仕事をすることを基本にして来ました。それをいきなりテレワークに切り替えることも出来ません。緊急事態とは言え、個々の担当者が、お客様のデータ等を自宅に持ち出すことにも少なからず抵抗感があります。そうは言っても、今後、変えるべきところは変えていく必要があるのでしょう。

 また、4月予定の税務調査もありましたが、それはすべて中止になりました。緊急事態宣言を受けて、法人税の申告について国税庁では申告期限の個別延長措置をとりました。新型コロナウイルスの影響で申告期限内に申告・納付することが困難な法人については、申告・納付ができないやむを得ない理由がやんだ日から2ヶ月以内の日を指定して申告・納付期限が延長されるというものです。しかし、お客様の理由ならともかくとして、会計事務所側の理由で申告延長するのは気が進みません。なので、可能な限り、期限内の決算・申告を目指しています。

 更に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、緊急経済対策が次々に公表されています。お客様からは資金繰り支援制度の利用に関するご相談等々、たくさんのご相談等が寄せられています。中には悲鳴に似たご相談もあります。こんな時だからこそ、皆様のお役に立ちたいと思いますが、その分事務所の負担は増えることにもなります。こんな時なので、本当なら少しでも仕事をセーブしたいところですが、ままなりません。

 今、事務所では感染予防対策を講じてはいますが、それとてお世辞にも万全とは言い難いものです。あとできる対策は、天に祈ることぐらいでしょうか…?


 

Copyright © 水垣公認会計士事務所 All Rights Reserved.-ログイン-