メニュー

通り雨 - 水垣公認会計士・税理士事務所|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

水垣公認会計士事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

通り雨

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2020年03月25日(水)

  新型コロナウイルスの感染が全世界に拡散しています。ヨーロッパをはじめ多くの国々では、自国内での感染拡大を阻止するために緊急措置がとられています。外国人の入国を制限したり、国内での行動を制限したり、様々な対策が講じられていますが、そのどれもが即効性のある対策ではありません。特効薬もないまま、終息するまでじっと耐えるだけです。

 つい昨日までボーダーレスで往来が自由だった世界の国々が、突然、鎖国政策をとりはじめ、他国との国境に厳重な壁を築き門戸を閉じました。現代版、万里の長城が世界のあちこちの国境に出現したかのようです。万里の長城も中国発なら、新型コロナウイルスも中国発です。中国では、米軍が湖北省武漢にコロナウイルスを持ち込んだと主張しているようですが、苦し紛れに何でも言えばいいという訳ではありません。いずれにしても、大国同士が批難合戦をしている時ではありません。

 新型コロナウイルス・ショックで世界の株式市場はパニックに襲われ、大暴落しました。あのリーマン・ショックの時のように大暴落し、それからも、毎日、ジェットコースターのように荒い値動きが続いています。新型コロナウイルスは、パンデミックとなって全世界を駆け巡り、一緒に不安心理も全世界を駆け巡りました。過去のSARSやMERSの時のように、この新型コロナウイルス騒動もいずれ終息するはずですが、今の段階ではそれがいつになるかまるで見当がつきません。

 今回の騒動がたとえ一過性のものであっても、その期間とダメージの程度によっては企業経営に深刻な影響を及ぼします。一過性の通り雨でも、雨は雨、傘がなければ濡れます、濡れれば風邪をひきかねません。通り雨だからと言って濡れない訳ではありません。業種や規模等によって、今回の新型コロナウイルス・ショックの経営に与える影響の度合も、それに対する抵抗力もそれぞれに異なります。

 しかし、元々、財務基盤が脆弱で体力のない中小企業にとっては、一過性のものであっても侮れません。一つ対応を誤れば、取り返しのつかない事態を招きかねません。過去にもバブル崩壊・リーマンショック・東日本大震災等の困難がありましたが、今回の新型コロナウイルス・ショックもそれらに匹敵する困難です。経営者として過去の経験を活かし、会社を守るための行動をとる必要があります。自社だけで解決できる問題ばかりではありませんが、自社でできることは即実行する勇気が必要です。

 中小企業にとって、唯一強みがあるとすればそれは機動力と団結力です。小回りを利かし、結束してすばやい対応をとることが、この事態に対処する唯一の方法です。たとえ、新型コロナウイルスの感染を免れたとしても、会社がコロナ・ショックで存続の危機に立たされてしまっては喜べません。

 残念なことに、東京オリンピックはついに開催延期に追い込まれてしまいました。

Copyright © 水垣公認会計士事務所 All Rights Reserved.-ログイン-